スポンサードリンク



更新:2019年9月15日

枕のお手入れ方法

枕,手入れ,メンテナンス,方法,枕カバー,必要

枕は使われている素材(>>素材についてはこちら)によって、お手入れ方法が異なります。正しい手入れをすれば長く…清潔に使うことができますが、もし間違った方法だと枕の効果は半減したり、寿命も縮めてしまうことに…。

 

素材別に枕のお手入れ方法と枕カバーについてご紹介します。

 

洗える枕の素材

 

ポリエステル

ポリエステル綿は人工的に生産された綿です。ポリエステル使用の枕は、比較的水洗い可能なものが多いのが特徴です。しかし、基本ポリエステル100%の枕に限られます。フェザー(羽毛)やコットン(天然綿)が含まれた混合素材は、洗うことが出来ません。洗濯表示タグをよく確認するようにしましょう。

 

高反発ファイバー(繊維系)

高反発ファイバーは化学繊維系の枕で「エアウィーヴ」などがこの素材に該当します。洗濯機では洗えませんが手洗いは可能です。基本的に水洗いだけで良いので手間がかからず、清潔に使うことができます。もしも、誤って洗濯機で洗ってしまうと繊維が変形したり破損して使用できなくなります。ご注意ください。

 

洗えない枕の素材

 

ウレタン(高反発、低反発共に)

フェザー(羽毛)

ビーズ(粒子)

そばがら など

 

このように、洗える素材の枕の方が少なく、ほとんどの枕は水洗いすることができません。衛生面が気になる人やアレルギー体質の人は、購入時によく確認をしましょう。


枕のメンテナンス

枕,手入れ,メンテナンス,方法,枕カバー,必要

洗える枕は「洗う」

洗濯機で洗える枕(ポリエステル100%素材など) メンテナンス注意点

 

洗濯ネットを使う

洗濯機を使用する際は必ず「洗濯ネット」を使用して洗いましょう。他の衣類と一緒に洗うと痛みや色落ちの原因になります。なので枕単体で洗うようにしましょう。

 

手洗い or ドライコース

洗濯機は「手洗いコース」または「ドライコース」を選択して下さい。「標準モード」では摩擦が強いので枕が耐えきれずに破損の原因になります。ご注意ください。

 

天日干し

洗い→脱水まで終わったら『天日干し』をします。出来れば2〜3日干して水気をしっかり乾かすようにしましょう。中途半端な乾きだとカビの原因になります。不安な方は仕上げにドライヤーで乾かすと安心です。

 

洗えない枕は「干す」

ウレタン、フェザー(羽毛)素材など

ホコリをよく落とす

まずは埃をよく叩いて落としましょう。コロコロを使用したり、水気をよく絞った布巾で拭くのもおすすめです。

 

干し方に注意する

干し方…素材によって『天日干し』と『陰干し』とそれぞれに適した干し方があります。

 

天日干しがおすすめの枕

◯ポリエステルを含んだ混合材
◯そばがら

 

陰干しがおすすめの枕

素材の性質上、天日干しで高温にあてると劣化の原因になる枕もあるので、以下の素材の枕は陰干しをしましょう。

▲ウレタン(高反発、低反発共に)素材
▲フェザー(羽毛)
▲ビーズ(粒子)

 

枕は『干す』ことでニオイや湿気、ダニやハウスダストを取除く効果があります。目安として週1回、最低でも月に2回は天日または陰干しするようにしましょう。

 


枕カバーの必要性

 

枕を常に清潔に使うために、もう1つ枕カバーを掛けて使用する方法があります。枕カバーを使用することで、以下のメリットがあります。

 

枕カバーのメリット

  • 洗うのが楽

    枕カバーは他の衣類と一緒に洗うことができるので手間なく清潔に保てます。2?3日に1回を目安に洗濯をしましょう。ストックとして枕カバーは2枚あると便利が良いです。

  •  

  • コーディネートを楽しめる

    インテリアにこだわりのある方はカラーなど重要視されると思いますが、枕カバーはデザインも豊富なのでコーディネートも楽しめます。

ちなみに、良質な睡眠を得るには寝室の色彩も大事です。枕などの寝具を青色やブラウン色など『鎮静色』にするとリラックス効果が期待できます。

 

枕カバーの種類

枕,手入れ,メンテナンス,方法,枕カバー,必要

枕カバーにも天然素材の生地や機能性に優れた商品など、さまざまな種類があります。その中でも以下の素材は枕カバーとして多く販売されています。

 

シルク

絹織物であるシルク生地は滑らな触り心地と光沢のある艶やかさが特徴です。蚕の繭から採取する天然素材なので、希少で高級素材でもあるのでこだわりのある方におすすめの生地です。

 

パイル(タオル)生地

パイル生地は吸水性に優れているので、寝汗をよくかく人におすすめの素材です。しかし安価な生地は引っ掛かりが多く、糸ほつれが頻繁に起こり目立ってしまいます。「今治」産の生地など、国産製品は品質も良いのでおすすめです。

 

ガーゼ

通気性に優れたガーゼ生地は蒸れ感も少なくフンワリした手触りが特徴の素材です。さらに速乾性もあるので洗濯後は自然乾燥でも早く乾きます。枕カバーを汚しやすい小さなお子さまにおすすめの素材です。

 

このように枕カバーにも様々な素材があります。化学繊維の硬い質感が苦手な方は天然素材の生地を選ぶなどして、自分の肌や体質に合った枕カバーを選びましょう。

 

参考:楽天枕カバーランキング


\敷布団・マットレスでお悩みの方はこちら/

枕,手入れ,メンテナンス,方法,枕カバー,必要

スリープアドバイザー:姉妹サイト